Blog

ブログ更新情報


2021

【就活生限定】サッカーに集中したい方は絶対に見ないで下さい

皆さん、こんにちは。

今回は、このテーマで書かせて頂きます。

『2020 Jリーグ新人最多得点を記録したのは』

新4年生の皆さん

これから就職活動・リーグ戦・卒論と

取り組まなければいけないことが目白押しです。

「まだ、大丈夫・・・」

この "内なる言葉" が手遅れにならないように

少しでも良いアドバイスが出来ればと思っています。

昨年、コロナ禍においても

早い段階から準備・行動を起こしている学生さんは

早々「内定」を頂いている方が多い印象でした。

ラストシーズンは「サッカー」に専念し

残りの時間で「卒論」などの課題に取り組む。

良い好循環ができているように感じました。

この話の流れで

最初の話題に戻りたいと思います。

昨シーズンも圧倒的な強さを誇り優勝を成し遂げた
「川崎フロンターレ」

その中で大卒・新人選手にも関わらず大きな存在感を示した選手がいます。

MF 18 三苫薫 選手

学生時代は、筑波大学 蹴球部に在籍。

私はとあるキッカケで三苫選手を知ることになります。

元々、筑波大学 蹴球部 小井土監督の

『改革進め、筑波らしく戦う』

こちらの取り組みに興味があり注目していました。

<参照:https://qoly.jp/2017/08/16/tsukuba-university-kwm-1
※記事リンク期限切れのため別資料添付

その中で

『パフォーマンス局』の設立。

この取り組みは私に "大きなヒント" を与えてくれました。

今では高校サッカー界でも

「SPLYZA Teams」などのツールを導入し

選手自ら分析を行っているチームも多くなりました。

※写真はイメージです


こうした筑波大学の取り組みに注目している最中

サッカー情報誌「EL GOLAZO」で

「三苫」という文字をよく見かけるようになりました。

「また、注目選手が出てきたな」

三苫選手の記事や情報を追っていると

三苫選手の「卒論」に関する記事がありました。
<参照:https://number.bunshun.jp/articles/-/845385

テーマは

『なぜ、自分のドリブルは抜けるのか』

「すごくおもしろい発想だな」と思いました。

あらゆる角度から "自分の強み" を分析し言語化していく

『敵を知り己を知れば百戦危うからず』
「孫子」の最も有名な教訓でもあるように
この発想は就職活動においても応用できるなと感じます。

「プロで成功する人は、練習熱心で研究熱心」

このような話をサッカー協会の方から伺ったことがあります。

 抜けるドリブルのメカニズムを研究し

学業も疎かにしない。

三苫選手の "意識の高さ" を感じます。

就職活動においても

自分の考えを明確に持って行動することが大切です。

意志が弱いと周りに流されてしまいます。

2013年に著書「何者」で直木賞を受賞した朝井リョウさん
就職活動をテーマに
就活生同士の心情描写を描いた作品。

SNSが普及した今の時代は

簡単に自分の考えを発信できる世の中になりました。

自由に発言できる反面 責任は自身に返ってきます。

たとえ周りがとやかく言ったとしても

自分自身が

動き出さなければ何も生まれることはありません。

明確な意志を持って行動を起こす勇気

試合に勝つために

日頃、努力を惜しまないことと同じように

一日でも早く良い準備を積み重ねて頂きたいと願っています。

コメント
名前

内容